参考書籍:フランツ・シューベルト


フランツ・シューベルト あるリアリストの音楽的肖像 (〈叢書ビブリオムジカ〉)

12月の企画が “オール シューベルト プログラム” ということで、新たに一冊読みました。

〈叢書ビブリオムジカ〉という本の虫としても収集欲をそそる美しいシリーズ。

そのコンパクトなソフトカバーと透明感のある装丁が――などと言いはじめると終わらないので割愛するのです……📚

〈叢書ビブリオムジカ〉
フランツ・シューベルト
あるリアリストの音楽的肖像
ハンス=ヨアヒム・ヒンリヒセン 著 / 堀朋平 訳

あとがき含め全178ページというコンパクトさのなかに、7つの観点からみるシューベルトが詰まっています。

2017年出版と、新しいシューベルト研究に基づいた、読みやすさと深さを兼ね備えた一冊。


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る