参考書籍:けっきょく、よはく。


けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

珍しく購入したデザインの本です。

けっきょく、よはく。
余白を活かしたデザインレイアウトの本

ingectar-e 著

こういった書籍より、素敵だと思ったカタログやフライヤーをとことん眺めるタイプなのですが、”余白” 好きとしてこの本は美味しいです。

“余白” の魅せかたが解説されているので、ごちゃごちゃとして “うるさい” デザインの理屈を文章化できてすっきりします。

あ、いや “余白” はあくまで “余白” であって、主役を “余白” で魅せるのが好きなのですけれどね。”余白の美” 愛好家なのでね。

デザインに興味がある方はぜひコレクションにしてください📙


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る