幻想曲 ヘ短調 D 940 Op.103

◆幻想曲 ヘ短調(Fantasie f-mol) D 940 Op.103 / フランツ・シューベルト(Franz Peter Schubert/1797–1828)

この連弾曲は、1828年4月に作曲された。

シューベルトが11月に最期を迎えるほんの半年ほど前のことである。

彼の晩年の作品群の中で、そして数多い連弾曲の中で、一際高い音楽性をもつ傑作である。

彼がピアノを教えながら、身分差のために叶わぬ片想いをしていた、エステルハージ伯爵家の下の娘、カロリーネに献呈された。


◆シューベルト晩年の音楽世界

単一楽章である「幻想曲 ヘ短調 D940 (1828)」だが、その内容は、『さすらい人幻想曲 D 760 (1822)』や「ヴァイオリンのための幻想曲 D 934 (1827)」等と同様に、切れ目なく続く4楽章で構成されている。

終楽章にあたる箇所で展開される巨大で自由なフーガは、不協和音にゲネラルパウゼ(休止)が続く、破壊的ともいえるクライマックスのあと、冒頭のテーマに回帰する。

また、彼が1828年11月にその生涯をとじなければ、友人とともにジーモン・ゼヒターのもとで深く学ぶはずだった、対位法的書法が散見される。

晩年の作品群によくみられる特徴でもある。

彼があと少し長く生きていれば、どのような音楽世界がうまれていたのだろうか。


◆ピアノ連弾による演奏(YouTube引用)


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る