終演のご報告-ねこやなぎ文庫

20190914 La Paz にて

9/14(Sat.) 夕さりて浪漫 終演いたしました。

日本の曲を演奏するということで、和装での本番。

個人的にはドレスで演奏するより好きなのですが、身軽なドレスに対して和装って重たいのですよね。

これはゆびならし中の優子氏

リゴレットを弾き終えた植野優子氏はしっかり息切れ……😰

ピアノはともかく、歌おうと思うと、あまり腰ひもを締めると息が吸えないし……ということで実は私、浴衣に袴をあわせておりました。

というよりなにより、柄が今回のメイン曲である宵待草のイメージにぴったりだったので、ひとめぼれしたのです。


https://twitter.com/OtoIroDesign_PR/status/1173489864559353856?s=19

西洋の音楽、いわゆるクラシック音楽と日本の音楽は、どうしても分けて捉えられがちですね。

特に “大正時代のピアノ演奏” については、優子氏が独特の話法(ほめことば)で熱弁してくれました。

またこういった企画で繋がりをご紹介できればと思います。

そのうち更新されると思われる彼女のブログはこちら

今後も応援よろしくお願いいたします🌸


https://twitter.com/OtoIroDesign_PR/status/1173090910105522178?s=19

関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る