秋の月🎑十五夜


今日は中秋の名月🎑

午前10時現在なかなかの雨ですが、さて晴れるのかしら……?

ぼんやりしていたのですが、お月さまの曲でもご紹介しましょうかということを思いつきましたので、よければおつきあいください。


◆組歌『四季』より 第3曲「月」 / 滝廉太郎(1879-1903)

組歌『四季』は、春夏秋冬の情景をそれぞれ1曲ずつ詠んだ4曲からなるため、「秋の月」とも。

数少ない本人による作詞で、「なぜ秋の月はこんなにも胸をうつのだろうか……」という美しいうたである。

ちなみに、第1曲はあの有名な春のうららの隅田川の「花」。


そんな名曲をですね、ごみ出しまでの雨やみまちの間に歌ってみたのがこちら。

ちなみに雨はやみませんでした。

おつきあいありがとうございました☔


◆チケットご予約好評受付中 9/14(Sat.) 夕さりて浪漫


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る