トリオ Op.119

◆トリオ Op.119 / クーラウ、フリードリヒ(Kuhlau, Daniel Friedrich Rudolph 1786-1832)

ハンブルクで音楽を学び、ピアニストとしても活動。後にコペンハーゲンにうつり、宮廷室内音楽家となり、オペラも残している。

ピアノとフルートの曲に優れた作品が多く、特にフルート曲に関しては、同時代のベートーヴェンと音楽様式が似ていることから “フルートのベートーヴェン” とも呼ばれる。


◆様々な編成で演奏されるトリオ Op.119

3楽章からなる古典様式のなかに、ロマン派の面影が見え隠れする名曲。

基本的な編成は、フルート二本とピアノ。
正式なタイトルは 『第1番 大協奏三重奏曲 ト長調 Op.119 (2Fl. & Pf. ) 』 であるが、版により様々な編成があり、タイトルも多少異なるようである。
フルート&ヴァイオリン&ピアノや、フルート&チェロ&ピアノなどの編成がある。


◆フルート二本とピアノによる演奏(YouTube引用)


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る