木管三重奏のための「5つの小品」

◆5つの小品(Cinq Pieces en Trio) / ジャック・イベール(Ibert, Jacques/1890-1962)

スペインの作曲家マニュエル・デ・ファリャとは従兄弟にあたる。

29歳のときに、若手作曲家の登竜門であった、ローマ大賞を受賞。
作風としては、プーランクやミヨーなどの作品に見られるのと同様に、伝統的な調性感を保ち、対位法的な書法が作品構造の基礎にあることが多い。

20世紀フランスの音楽界において重要な作曲家のひとりで、ピアノ曲、管弦楽曲、舞台音楽などの分野で活躍した。

“フランス6人組” やラヴェルとの親交が深く、ともにコンサートを開くこともあった。

木管三重奏「5つの小品」のほかには、木管5重奏「3つの小品」も人気である。


◆トリオ・ダンシュ(Trio d’anches)

フランス語で、リード楽器のオーボエ、クラリネット、ファゴットによる三重奏を意味する。
トリオ・ダンシュの代表ともいえるイベールの「5つの小品」。

  1. Allegro vivo
  2. Andantino
  3. Allegro assai
  4. Andante
  5. Allegro quasi marziale

全体に華やかで幸福感に満ちており、特にオーボエの魅力が存分に味わえる作品である。


◆木管三重奏による演奏(YouTube引用)


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る