シューベルトのバラ🌹

https://twitter.com/OtoIroDesign_PR/status/1185160572469276672?s=19

12月にシューベルトの夜を企画しているため、シューベルトに関するアンテナがぴこーんとたっております。

シューベルト、バラ、というと歌曲の野ばらが浮かぶかもしれませんが、今回は花のお話です🌹


先日ちょっとした旅に出ておりました。

写真を撮った場所は、 “ガーデンミュージアム比叡” という山の上。

芸術家や偉人の名を冠したバラはほんとうにたくさんあり、バラのカタログなんかは読み始めるとキリがありません。

ただ、ふらりと立ち寄ったところで実物とであう、タイミングのよさに驚きました。

あとから調べてみると、花の色は、赤紫から徐々にバイオレットに変化し、一枝に7~8輪ほどの花を咲かせるそうです。

寒さにつよく、トゲも少ないということで、育てやすい品種とのことでした。

ドイツでつくられたそうですが、どうしてシューベルトの名がつけられたのか……。

理由をご存知のかたいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください🌹

今回立ち寄った場所については、また後日。


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る