魔王(Der Erlkönig) D 328 Op. 1

12/8(日) MY-Duo 演奏曲目から。


◆魔王(Der Erlkönig) D 328 Op. 1 / フランツ・シューベルト(Franz Peter Schubert/1797–1828)

ピアノを伴奏のみとせず、ピアノと歌のデュオというべき作品づくりをしたドイツリートの名手、シューベルト。歌曲王と称される彼の、10代のころの傑作である。

歌詞はドイツの詩人ゲーテの『魔王』による。 歌劇『漁師の娘(Die Fischerin)』(1782年) のために作詞された。


◆物語と演出

詩の物語は、デンマークの伝承に基づく『ハンノキの王の娘(Erlkönigs Tochter)』が元になったといわれる。

登場人物は、語り手、父親、息子、そして魔王。

高熱をだし、幻聴に怯える息子と、馬を駆る父親、そして魔王(幻聴)の物語である。

シューベルトは4人の登場人物を、音域やリズムの使い方で見事に描き分けている。

4人で歌われることもあるようだが、劇的な演出に頼らず、シンプルな表現で彼の作曲の妙を感じたい。


◆うたによる演奏(YouTube引用)


関係演奏会まとめ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る