花火に行きたい🎆

2019年8月3日(土) 第49回 みなとこうべ海上花火大会


神戸の夏といえば、みなとこうべ海上花火大会🎆

毎年8月の第一土曜日に開催され、ほぼ毎回夕方小雨に降られる花火大会です。

花火のまえに虹を見られることもあるので、多少の雨も良いものです。

混雑緩和のためか、毎年淀川の花火大会と同日開催されていますね。

最近動員数が増えてきたのか、ルールが細かく記載されるようになったようなきがします。

モザイク周辺の入場規制、すこーしずつ時間が早くなっているので、定番のモザイク周辺で花火をみたい方は、早めに行くことをおすすめします。

※場所取りは14時まで禁止。

細かいことや最新情報は公式サイトをご覧いただいて、

公式サイトhttps://kobehanabi.jp/

まぁ、過去の写真でも出してみようかと思います。

(カメラアプリでの撮影です📷)

花火大会に行く前に


  1. 熱中症対策はできていますか
  2. 待ち時間を楽しく(ラクに)過ごす準備はできていますか
  3. 雨対策はできていますか
  4. お手洗いの場所は把握していますか
  5. 帰り道の人混み対策はできていますか

1.熱中症対策はできていますか

蒸し暑いです。のみもの、たべものは早めに準備しておきましょう。


2.待ち時間を楽しく(ラクに)過ごす準備はできていますか

座りにくい場所にあたるかもしれません。折り畳み椅子とまでいかずとも、レジャーシートくらいはあると便利です。

間が持たずにイライラしては台無しです(よくかわいそうな雰囲気になってしまうカップルを見かけます……)。待ち時間の遊びもあると安心ですね。


3.雨対策はできていますか

降ります。神戸民は知っています。ほぼ、一雨きます。


4.お手洗いの場所は把握していますか

時間が近付くにつれて、人が増えます。お手洗いは行くのも戻るのもたいへん。早めに行っておくに越したことはありませんが、お手洗いの場所を把握しおくと安心です。

そして、戻ろうとして迷子になっている方を見かけることもあります。場所をとったら目印も確認しておきましょう。


5.帰り道の人混み対策はできていますか

すぐには帰れません。警備の方が順番に誘導して下さいますが、場所によっては観覧スペースから出るだけで30分。

そしてもちろん周辺の駅も、終わってすぐは混雑しています。

交通費はあらかじめチャージしておく、少し待ってから帰る、などの工夫が必要です。


ということで、時間にも心にも余裕をもって、素敵な夜にしましょうね🎆


◆チケットご予約好評受付中 7/27(Sat.) 夕さりて浪漫


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る